魔の月末1週間

今まさにお金が足りないです。

我が家の生活費は家族5人(離乳食中の乳幼児含め)4万円です。
この4万円から、毎日の食費と日用品(オムツ+ミルクも含め)をやり繰りしています。

あまり節約、節約と意識しているわけではないのですが、買い物の時は3~4日分の献立を考え、必要な食材のみ買っています。
また、使いまわしができる食材をチョイスし、無駄な買い物はしないように心がけているはず。

なのに、魔の月末1週間。

生活費用の財布の中の残金は1000円。何日か前までは10000円あったのに。

「今月は余裕あるなー」なんて思っていたのに、財布の中身を見て「ひぃーまだ1週間も残ってるのにー」
この「今月は余裕あるなー」が、いけないんです。
そんなことを思っている月に限って金欠になってます。

専業主婦でも簡単にお金が借りられたら・・・と思うこともしばしばです。
※≪専業主婦がお金を借りる方法≫はコチラのサイト

もし今、自由に使えるお金が2万円舞い降りてきたらどうしよう。
洋服を買ったり、美容院に行ったり、時にはランチにも行けるかも、なんて夢のような空想をしてしまいます。
空想って楽しいですね。テレビの世界に入り込んで、旅にも行けちゃうんですから。

しかし、現実は・・・そう、余裕なんてないんです。
それなのに「今月余裕あるから、お徳用特大洗剤買っとこう。どうせ使うし。」なんて買い物をしてしまい、月末の1週間に苦しい思いをしてしまうんです。

確かに日用品の使うものなんですけどね。
日用品は最低限あればいいですが、食事はやはり、まだ小さい子供がいるため、しっかり食べさせてあげたい。
そんなことを思い、反省しながら、残りの1週間の食事メニュー考えます。

まずは、冷蔵庫、冷凍庫、保存食の確認をします。
そして、普段なら使い切る肉や魚を小分けにし、野菜でかさ増しし、主食のメニューを考えます。
これで2日分のメニューは何とかなります。

あとは、5日分。
やっぱり、困った時のもやしとキャベツを使ったメニューですね。
そこに絶対、家にある卵を使って炒めれば、メインメニューになります。

そして残りの1000円で少しだけ食材を買い足して何とか!何とか!乗り切ります。

月末2日前は本当に質素ですね。
朝ご飯は食パンにジャムぬって、牛乳のみとか。

夫よ、子供達よごめんよ…。
けど、夫も子供達もモリモリ食べて、文句言わないな。
あんまり気にしてなかったりして。

苦しい月末だけど、子供達の笑顔と家族の優しさに感謝、感謝です。

ローンに教育費!?無理ならカードローン!

近年の長引く不況の影響で、今や主婦の皆さんの中でも、
お仕事をしていない、いわゆる専業主婦の方は少ないのではないでしょうか。
そんな少人数の専業主婦として毎日家計をやりくりしている私も、実はずっと仕事をしたいと思い続けている1人なのです。

仕事をする気持ちがあるのであれば、仕事を探せばいいだけの話しだと思われるかもしれません。
専業主婦の皆さんには、様々な事情でお仕事につけない場合もあります。

例えば、親の介護や育児、そして体調不良などが関わってくると、パートやアルバイトでさえも、簡単には職場につくことはできません。
そして、主婦としての収入がないということは、旦那様の毎月のお給料で、家計の全てをやりくりするということになるわけです。

私達が生活する上で、必ず必要な出費と言えば、住居費に食費、そして光熱費や日用品などでしょうか。
これらは、人によって多少金額に開きがあるものの、毎日過ごすためには、必要不可欠な出費であることは言うまでもありません。

さらに、お子さんがいらっしゃるご家庭では、学費や塾代という教育費に、実に莫大な費用がかかることも、
家計を圧迫する最大の原因であることは事実です。
しかし学費や塾代を支払えないというのは親としての面目が丸つぶれです。
なので私は専業主婦でも使えるカードローンを使います。専業主婦が利用しやすいように低金利になっていますので安心ですよ。

専業主婦カードローン

一昔前は、サラリーマンの年齢が上がればそれに比例してお給料も昇級したものでしたが、今の時代は、正に反比例・・。

高校・大学と高額の出費がかかる将来に向けて、少しでも貯金をしたい我が家ではありますが、今は、住宅ローンにマイカーローン、更には、お受験に備えた塾代の授業料アップ・・・。
日頃の出費がクレジットカードで支払っているお陰で、どうにかやりくりできているようなものです。

子供が塾で、主人がまだ帰宅していない時間は、部屋の電気は机の蛍光灯1つ。
そして、お肉やお魚が人数分無い場合は、自分は納豆ご飯で我慢する日々・・。

若い方の中には、専業主婦という形に憧れを持っている方もいるようですが、
現実は、皆さんが想像している以上に、節約という2文字が重くのしかかる生活を送っています。

子供が成人したら、今よりは少し楽な生活を送れると思っている私。
そんな日が訪れることを夢見て、今は何とかこの辛い節約生活を乗り切ろうと、そう自分に言い聞かせて頑張っている毎日です。

父の葬式で思ったあれこれ

実家の父が亡くなって、初めてお葬式で弔問客を迎えるという経験をしました。
といっても、喪主は実家を継いでいる兄が務めたので私のしたことは亡くなったことの連絡の手伝いや軽い認知症の実母をサポートすることぐらいでした。
家族葬も増えている昨今ですが、父は商売をしていたので関係者が多いことを考え、一般的なお葬式にしたのでした。

父は数カ月の間でしたがほぼ寝たきりで、病院のお世話になっていましたので死期の近いのも解っており、亡くなった知らせを受けた時も来るものが来たかという感じで激しい感情はありませんでした。
喪服の準備も事前にネットで購入して安いものを購入できていました。
レディースブラックフォーマルを安く買いたいならこのサイトですよ~⇒ブラックフォーマルレディース

実の娘が不謹慎だとは思いましたが、私は最近のお葬式の仕方に興味津々でいました。

感心したのはスタッフの方たちの気配りの凄さです。病院で亡くなったので、病院から斎場へ運ぶときに「どこかお寄りしてさしあげたいところがあれば参りますが」と言って下さいました。
さらに「お棺に入れる時着せたい服はありますか」と尋ねられました。父はどこへも寄らず、普通の白い装束でお願いしましたが働き盛りのうちに亡くなった人は、会社へ寄ってもらったりスーツを着せたいと仰るご家族もいることをその時知りました。
父のように老衰で亡くなる人ばかりではありませんからね。

そして、お棺にはかなりの量のドライアイスが必要なこと。友引などでお葬式が伸びる方はさらにドライアイスは必要だとも聞きました。
そして、お棺も今は燃えない釘などは使用されてないとの事。地球に配慮されているわけなのだとここでも感心しました。

やがてお通夜が執り行われる時間になりました。
お坊さんがお経をあげる前にスタッフの方が「ご起立願います」など合図をして下さるのですが「合掌」「礼拝」というところで非常にスローで一語ずつあまりにもはっきりと発声されるのでどうにもおかしくなってきて、父のお葬式だというのに私は笑いをかみ殺していました。
次の本葬の時も「合掌」「礼拝」の掛け声に冷静を保つのに努力が必要でした。

今でも父のお葬式というとあの掛け声を思い出してしまします。
父はこんな娘の事をどう思っているのでしょうか。
いずれ私もあの世に行ったらぜひ聞いてみたいと思っています(笑)

日々の暮らしの中の節約手法

現在筆者は、とあるスーパーマーケットのお総菜部で働いており千葉県で一人暮らしをしています。

使えるお金には限りがありますし、なるべく無駄使いはしないようにと思っています。一番抑えられるのは光熱費です。電気ガス水道となるべくコストは下げたいものです。

電気は夏の睡眠時には冷房は1時間タイマーをかけ、冷たい湯たんぽにようなものを体において安眠しています。それだけで2千円近くの削減になります。

あとは、ナプキンを布ナプキンに変えました。洗いまわしができるので経済的です。また生理痛も布ナプキンに変えてからは軽減されました!!

また春と秋は窓をあけての空調整備、冬は一番低コストの炬燵で賄っております。これだけでも年間万単位の節約になります。買い物もケース買い、ポイントカード利用などをして一番得する手法を選びます。それによってコンビニでの買い足しも抑えられます。加えて2,3店舗のスーパーの大体の価格を記憶していくと便利です。例えばですが、肉のグラム単位の値段を覚えてますと広告の特売などと比較が便利になります。味には差異はあるかもしれませんが。

また、筆者は自宅の封筒に三万円くらい置いてます。へそくりではなく非常事態用です。友人には最低限の金額しか持ち合わせない人もいますが、緊急で下しが必要になりコンビニなどで下すと無駄なコストもかかってしまいます。その金額を使うことには越したことないですが、抑えられるものは下げたいものです。他にもごみ袋やトイレットペーパーなど日用品の使用もできる限り使用頻度を削減しています。一週間単位で使う増減を決め、無理のないように調整したいます。その他では同等のものを比較する場合は2,3個調べることも大切です。日用品の価格、出かける際の交通費、外食のする際の場所(なるべく自炊をするべきですが)など頭の中で組み立てて、無理のないように取り組んでいます。

 

片づけができない主人

主人はお酒もタバコもしないし、お金がかかる趣味もない。昔はお金遣いが悪く借金なんかしていたこともあったんですけどね。

今では全くそんな事もなく助かってます。

食べ物の好き嫌いも少ないので献立も作りやすいし、お給料も同世代にしてはもらってきてくれているおかげで専業主婦をさせてもらえて感謝の気持ちでいっぱいなのですが、一つだけ不満なこと…それは片付けができないところです。

結婚する前におじゃました彼の部屋はきれいとまでは言わないでも、パッと見はすっきりしていたので、ある程度は大丈夫なのかなと思っていたんです。

それが結婚してからは、脱いだ服は洗濯籠にも入れずソファーに置きっぱなし。 お風呂上りに使ったタオルは日によって違う場所に放置されています。

本や雑誌は読んだら棚になおすこともなくダイニングテーブルへ。 爪切りや耳かきも使った後もとの場所に戻さないので行方不明になることもしばしば。

ひどいときは本人もどこに置いたか記憶になく、「どこにやったの?」と疑われる始末…私は使ったらちゃんともとに戻してるよ!!と心の中で思いながら一緒に探しています…。

飲んだコップやペットボトルは流し台に置いといてと伝えているのですが、自分の部屋に放置したまま持ってきてくれたことがありません。

なので私の一日は、主人の行動範囲内に洗い物が散乱していないか確認→ソファや棚の間に何か落ちてないか確認という作業が欠かせません。

新婚当初はどうしてもこれが許せなくて、「ちゃんとしてよ!」と怒ったこともあったのですが、雰囲気も悪くなるし結局できないしであきらめました。

実家の母曰く「男性は結婚したら幼児化するから、母親のような気持ちで接しなさい。小さなことで怒っていたら夫婦仲が悪くなるわよ。」とのこと。

なので「この子はどーしても片付けができない子なんだ…」と言い聞かせながら、毎日淡々と片づけています。

やっぱり綺麗な両ワキがもっとも高額!

自分の身体の中で一番お金を掛けた部分は、両ワキです。

それまで、脱毛クリームだ家庭用脱毛器だなんだと、そこそこの投資をしてきたのですが、数年前におこなった「両ワキのニードル脱毛」にもっともお金をかけましたので。

「両ワキのニードル脱毛」は、数年前で二桁万円ほど。ざっくりと言えば、事務系OLのボーナス二回分と考えてください。しようと思ったらすぐに行動に移してしまう私・・・

ですから、私にとっては結構な投資です。けれども、ケリーバッグを買うよりも、やっぱり「両ワキのニードル脱毛」にお金を投資したかったのです。すぐにはじめたかったのですが、まだ仕事を始めたばかりの私はニコニコ現金払いができるわけでもなく。。。でも、すぐにお金が必要な状況だったので消費者金融から足らない分のお金を借入して支払をしました。

高額なバッグも魅力ですが、それよりもキレイに脱毛ができている両ワキの方が手に入れたかったのです。

ファッションに関しては、ツーランクぐらい価格帯を下げてもいいと思いますが、脱毛に関しては、「どうせやるのなら確実な方法で、永久脱毛したい!」と思っていましたので、ですからより永久性の高いニードル脱毛を選んだのです。

それに、自己処理での脱毛ではなく、サロンでのニードル脱毛にした方が、毛穴の隆起まで解決してもらえるとも聞いていましたので、迷い無く脱毛サロンを選んだのです。

確かに「高い」とは思いましたけれど、しかしこれまで私がわき毛の脱毛に費やした時間を考えれば、その分の労働価値以上の成果は得られたと思っています。

そういうわけで、私の身体の中で一番お金を掛けている部分は、顔のスキンケア用品代の合計を考えても、やっぱり今でも「両ワキ」ですね。

脱毛をしてからはとても快適に過ごすことができていますし、自己処理をする面倒さも無くなったのでそれも良かったですね(^^)v

家を建てているときに入院する事に

妊娠中に家を増築していました。そのときに増築費用が結構かさんで生活費がぎりぎりとなっていたんです。

そんな矢先に切迫早産になり、入院する事に・・・びっくりでした。

でも保険に入っているから入院費くらいはまかなえるな~と思っていたのですが、ちょうど入っていた保険が別会社と切り替えの時期になり、入院が月をまたぐ際、新しい保険会社になると前の月の分からの入院や病気分は入ってこないということが判明したんです。

そしてイキナリのわたしの入院で、小学校の子供は学童へ。幼稚園の子供は延長保育へ。

一ヶ月数万円の負担が・・・ショックでした。。。

只でさえ生活費がぎりぎりなのにお金が出て行くことが重なってしまいました。こういう時って、色々出費が重なるって言いますもんね。

この時は本当に大変でしたよ。さすがに今の状況では生活できないのでは…?って何回も思いました。

もうこの際、カードローンで生活費を借りる事も考えました。しかし、まだどうにかやっていけると自分に言い聞かせ、借りる事は出来るだけしないようにしました。やっぱりお金を借りるのは最終手段ですからね。出来る事なら借りたくありません。

このように、不安な気持ちと戦いながら、とりあえず食べるものと支払いしなければならないものを優先でいこう。、遊びやショッピング、娯楽はまた落ち着いてからしようと言い聞かせ我慢しました。

そして、こういうときこそ今の生活を見直そうと思ったんです。節約できるところがたくさんあるはずですからね。

約半年先のボーナスが出るまでその生活でしたが、むだなお金の使い方をしなければ何とかなるものです。 そのお陰で我が家の出費のむだを見直す、いいきっかけとなりました。

今ではその生活が当たり前になり、今までできなかった額の貯金が毎月できるようになりましたよ。

やっぱり節約って大事ですね(^_^)v

完全失敗の脱毛クリーム

今はCMでトリンドルちゃんがしているミュゼで脱毛をしています。人気のサロンで予約もいっぱいなのですが、なんとか通っています。そのミュゼで知ったミュゼトラベルっていう旅行が会社。ミュゼが運営している旅行会社で本当に割安でいけるっていうのを知ったので先日友人と格安旅行に行ってきましたよ(#^^#)

今は体毛に悩まされることも無くなった私ですが、それまではムダ毛処理、ワキだけは一年中剃るものの、腕や足に関しては冬の時期場は冷え症のこともあって着こみに着こむので剃っていませんでした。
薄着の季節に入ってきて半袖やら短パンを履くようになってきたらいよいよ剃る時期到来。

カミソリで地道に剃っていたのですがやり方が悪いのかあちこち傷だらけに。
足の毛なんかは結構びっしり生えているので剃ったらカミソリの刃に詰まってしまってすぐダメにしてしまう事も。
そこで、友達から良いと聞いた「脱毛クリーム」を試すことにしたのです。
随分前に普通のものを使用したことがあってその時は何ともなかったのですが敏感肌なので一応それ用とかかれたもの(「肌荒れをおこしやすい人にもおススメ」とかいてありました)を薬局で購入。
家に帰って早速お風呂の前に試すことにしました。
やり終わったあとツルンとなった自分の肌を想像してクリームを全体に塗り始めたのです。
そうしたら恐ろしいことに1分も経たないうちにどわぁ~っと痒くなってきてしまい慌ててふき取りお風呂へ直行。
すぐに流したのですが、クリームを塗った部分の肌がボコボコに(泣)
完全にやってしまいました。
クリームの効果で多少抜けましたがそれでもすぐに流してしまったことで一部ムダ毛が残ってしまったにもかかわらず、かぶれてしまったのでしばらくは剃ることもできなくて。
完全な失敗でした。

消費税が上がり・・・

消費税が8%に上がりましたね。

たかだか3%なんですけど、この3%が大きいんですよね。

消費税が上がったって、給料は一切増えるわけではないし。ただでさえ生活が厳しかったのに、さらに大変になります。

これから今まで以上に節約していかなきゃ生活できなくなっちゃいますね(*_*)

とりあえず、4月からは旦那さんが毎日飲むビールを1本減らしました。

旦那からしたら、唯一の楽しみなんでしょうが、この1本でどれだけ生活が変わってくるか。

嫌ならもっと稼いで来い!!ってことですね!!